【転職】未経験でも作れるポートフォリオの作り方

web デザイナーの平尾です、こんにちは。
ぼくは未経験から職業訓練校へ行き、制作会社でデザインとコーディングを覚えました。

誰にでも超初心者の時期はあります。

初めてポートフォリオを持って面接に臨んだ時は震えました。
僕みたいに未経験でもwebデザイナーにはなれます。

この記事はこんな人のために書いています。

  • 未経験でポートフォリオづくりに悩んでいる人
  • 未経験から制作会社に入りたい人

きっとこれ読んでいる方は未経験からweb系の会社に転職を考えてるでしょ?

だけど、結論を先に言うと、全くの未経験では転職できません。
実務経験なしと未経験を混同してはいけません。

その理由と解決方法をお伝えします。

転職における未経験と実務経験なしの違い

未経験って言うと、webサイトを作ったこともない人のことです。

「未経験ですが興味あります」みたいな人ですね。

こういう人は面接官はイヤになるほど見てきているので、すぐに面接を終わらせます。

web制作の経験はあるけど、実務経験なしの人は「実際の会社でのフローは体験したことがありません。だけど、ここまで自分で作れます」って感じです。

比較すると違いがわかりますね。
どちらの人を採用したいですか?

ポートフォリオを転職前に準備する

ポートフォリオはクリエイターにとって必ずなくてはいけないものです。
採用担当者は、履歴書や職務経歴書よりも断然こちらを優先的に見ています。

どう作ったらいいかわからないのであれば、まずは誰かのポートフォリオサイトを真似るのがいいです。
このサイトarutegaでもいくつか紹介させてもらってます。

HTMLテンプレートの構成を真似る

いきなり自分のオリジナリティを表現しようとするのではなく、まずは型を知りましょう。

ポートフォリオを作ったことない方はすでに用意されているHTMLをつかってみてもいいかも。
デザインが自信がないことがバレますが、あなたがエンジニアであれば何も問題ないです。

ガチのエンジニアはGithub

エンジニアはソースコードだけで勝負!
言わずと知れたGithubでアピールしましょう。
ただし、まずは人事の人がポートフォリオを見ると考えたら、これはサブ的な扱いで見せると良いと思います。

視覚的に簡単にわかるようにしておくのが良いですね。

RESUMEを利用する

RESUMEはポートフォリオを無料で作れるサービスです。

オリジナリティはありませんが、実績がある人にはアピールしやすいレイアウトとなっています。
これならすぐに作れてお手軽ですね。

ポートフォリオは育てていく感覚が大切です。
ボツになった企画や、作ったコンセプトなどもどんどん更新していくといいです。

foriioを利用する

foriioも誰でもポートフォリオを簡単に作れます。

”クリエイターにとって必須のポートフォリオ。 1分でつくれるくらいやさしくしました。”

だそうです。Illustratorやスタイリストさんもいるようです。

Wantedlyのプロフをうめる

採用担当者はWantedly結構見てます。
なのであるとベターですね。

Wantedlyの中にも実績を掲載するところがあるので、そこ制作実績や職務経歴を掲載します。
プロフィール写真もちゃんと遊んでる時のじゃないものを使いましょうね。

オーストラリアに行った時の、コアラを抱いた写真とかやめなさい。

ここはプロフィール欄にたくさん文章をかけるので、出来るだけ将来のこととか書いた方がいいです。

Twitterで発信頑張る

Twitterでは主に学習過程を発信すればいいです。
なので、転職を目標としているのであれば、昔のラーメンのしょうもない感想とか消そう。

ポートフォリオは未経験にも必須

クリエイティブな職業で、実績をアピールするにはポートフォリオが必要だというのはとても一般的になってきました。
webに特化した採用サイトはこちらで紹介しています。

ほなね