Web未経験の僕が職業訓練校で勉強したこと・しなかったこと【黒歴史】

Webデザイナーの平尾誠です。
先日こんな質問をtwitterからいただきました。

僕が職業訓練校出身ということをご存知だったのでしょう。

なかなか答えを短文で説明するのも難しいので、この回答への続きを深掘りして書きます。

  • Webデザインをはじめたばかり
  • 何から順番に独学して良いか分からない

質問者の悩みはこんな感じだと推測します。

この記事は未経験でWebデザイナーにこれからなる人に向けて書きます。
職業訓練校に行ってない方にも参考になるはずです。

このブログにはそんな方の参考になる記事を書いています。
ほかにも興味があったら読んで行ってください。

Web制作を習得するためにやったこと

バナー制作でデザインを覚える

最初に僕が夢中になったのはバナー制作です。

まずは誰しもがウェブサイトを制作するにあたり、デザイン系のツールを使うことになると思います。

なぜなら、コーディングをメインにするとしても、デザインデータから画像を書き出す必要があるから。

IllustraterやPhotoshopの基本操作を学びます。

ここで、はじめてデザインに触れることになります。
WebをするならIllustraterよりもPhotoshopを頑張った方がいいですね。

一般的にイラストレーターでWebは作らないと、就職してから知りました。
だからかなり苦労しました。。

情報設計を意識する

そこで大切なのは情報設計です。
簡単に言うと、目立たせたいものがちゃんと目立つようにデザインする。

セールバナーであれば、価格なのか、期間なのか、イメージ画像なのか。
これは情報に優先順位をつけることになります。

情報設計こそがデザインだと言うことを、職業訓練で習います。
未経験者は、デザインを装飾と捉えがちですが、本来のデザインの本質は情報設計です。

マークアップも同じで、HTMLの見出しの優先順位の考え方と同じです。
装飾することが苦手でも構わないので、情報整理能力を養いましょう。

HTMLテーマを購入した

HTMLテンプレートを購入しました。
サイトテンプレートを購入できるサイトはたくさんあります。

フリーのHTMLテンプレートをダウンロードして、サイトをつくりましょう。
カスタマイズしていくうちに、どうやってHTMLが組まれているかがわかります。

優秀なエンジニアが組んだHTMLをどれだけいじってもいいし、なんならぶっ壊してもOKです。

  • こんな書き方ができるのか!
  • 知らないCSSが書いてる!
  • こんなレイアウトの方法があるのか!

そんな発見がとにかくたくさんあります。
僕が、ブートストラップの存在を始めて知ったのもこの時です。

jqueryの読み込み順番を変えると、突然動かなくなったり、いろんなミスを、仕事の中で経験するよりも前に経験できます。

人に見せることの大切さ

恥ずかしがって誰にも見せない人は成長しません。
未経験者なんて、みんなどんぐりの背比べです。

どんどん講師に見せてフィードバックをもらいましょう。
ヘタで当たり前なんだから。

9年くらい前のポートフォリオ

僕の黒歴史を見る

これが僕の職業訓練校の時の作品です。
まだWebを習い始めて2ヶ月すぎくらいですね。

やばいよねww
やば過ぎるでしょww

やらなかったこと

Webサイトの模写

ウェブサイトの模写はしませんでした。
模写とは、サイトのスクリーンショットを取り、グリットを引いてみたり真似したりすることです。

単純に楽しくないから続きませんでした。

もし模写するのであれば、まずはアニメーションがたくさんあるサイトではない方がいいですね。

情報設計が緻密にされた、コーポレートサイトやメディアサイトを模写してみてはどうでしょうか。

なぜ要素がここにあるのか、と常に考えなければデザインは上達しません。
コーディングであれば、頭の中でコーディングしましょう。

意識が低い人と絡まなかった

勉強熱心ではない人には絡みませんでした。

みんなそれぞれ事情があって職業訓練校に来ています。
中にはとても消極的な人もいることは事実。

でも、就職する意欲のない人や、愚痴ばっかり言ってる人には絡んではいけません。
何にも生み出しませんから。

Web制作を楽しくできる仲間とだけ、一緒にいましょう。
この時の友達や仲間は財産になるかもしれません。

まとめ

こちらにも職業訓練校のことや、勉強方法を書いています。
合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
未経験でWebデザイナーに転職 / 僕が母校の職業訓練校で話したこと

答えになりましたでしょうか??

僕も職業訓練でWeb制作を覚えました。
あなたがWeb制作を好きになることを願っています。

ほなね