オンラインで画像圧縮によりサイト高速化!

  • 画像が重たいから圧縮したい
  • サイト表示スピードを高速化したい
  • WordPressに使う画像を軽くしたい

画像の圧縮を手軽にしたい方への記事です。

いろんなプラグインとかアプリがあるけど、画像の圧縮はtinypngってサイトを使うのが一番お手軽で便利です。
現場でパンダのやつって呼ばれるあれです!

最近のエンジニアはタスクランナーの中で画像圧縮プラグインを使うことも多いです。
でも、もっと簡単に初心者向けに画像を圧縮する方法を紹介します。

tinypng

https://tinypng.com/

使い方は簡単で、ドラッグ&ドロップするだけ。
一度に20個までしかアップロードできないけど、効果は抜群。
20個ごとにブラウザを再読み込みすれば問題ない。

PNGとJPEGの圧縮ができます。Gifは対応していません。

70%〜80%ほどのアベレージで圧縮してくれます。
画像が軽くなれば、ページスピードも高速化が期待できます。

軽いは正義!

画像の名前が変わらない

圧縮した画像の名前はそのままです。
画像を圧縮する系のWebサービスによくあるのは、画像の名前が変わっちゃうことがあります。

image_compressed.jpg

みたいに余計な名前がついて、名前が長くなるのがいやだ。

WordPressならEWWW Image Optimizer

WordPress使っているならプラグインを使うのもあり。

WordPressにアップするのであれば”EWWW Image Optimizer”がおすすめです。
メディアに追加してもらうたびに画像を圧縮してくれます。

さらに、すでにアップロードしている画像までも圧縮してくれます。
だけど、効果が薄いから、(できても20%くらいだったりする)僕はFTPで全部ダウンロードして、tinypingで圧縮しています。

記事の中に画像を多く使用しているサイトは 、画像を圧縮しましょう。

他にも過去にページの高速化に関する記事を書いています。

ほなね