今年読んだ本まとめ【33冊】

Webデザイナーの平尾誠です。
まとめ記事をかく季節になりましたね。

今年読んだ本をまとめました。
僕はデザイナー兼エンジニアとして今は活躍していますが、デザインを極めたいわけでもエンジニアを極めたいわけでもありません。

大前提、僕はデザインがすごく好きだし、カッコイイものや美しいものを目にするとワクワクします。
でも僕はデザイナーってコンサルタントとしての一面を持ち合わせていると思っています。

見てもらって、使ってもらえて、課題解決までができて、はじめて一流のデザインだと考えています。
だから今年はデザインの本を一冊も買っていない。

そこで今年は特にお金・ブランディング・起業関連の書籍を読み漁っていました。
2018年に購入した本を紹介します。

どうせお正月みんな暇でしょう。
ポチって買って読んで見てくださいね。

お金・税金の本


複利について書かれた本


ビットコインにポジティブな本が多いけど、これはかなりネガティブな本。双方からビットコインは見る必要がありますからね。


フリーランスや副業をしている人のためになる本です。これは本当に読んでよかったし、副業するなら買っておくべき。


今年は大暴落したけど、便利なものはなくならないだろう。


大学の授業をサボっていた方へ。


フリーランスとかの税金の本。


同じくフリーランスとかの税金の本。


これも複利とか投資の話

ブランディング関係の本


セルフブランディングの本です。めちゃめちゃ面白くて、錯覚資産っていう概念がとても面白い。


Webデザイナー界隈では読んでいる本が多かったので僕も買いました。
今年読んだ本の中で一番よかったです。


誰でもできるセルフブランディング。


コンセプトやブランドアイデンティティの本。

文章力アップの本


サイト設計からアドセンスの全てがつまってます。


キャッチコピーの考え方の参考に


日本語の勉強にとても役立った。ライティングのその上、プラスワンを覚える本。


今年はライティングの本をたくさん買いました。Webライターが必ず通る本です。

ビジネスの本


そう言っても周りに許せるバカは多少必要だと思われます。


DaigoさんのYoutubeはめちゃおもしろいのでオススメします。


僕も割と近い思考回路だなって思ってうれしかった。


企業のHOWではなくWHYの答えを考えさせる本。会社を作るのもトマトを作るのも同じだという言葉が印象的。


一流の考え方を漫画で読める。


この人のプロデュース力はやばいです。


毎回西野の本は一気に読み終えることをオススメします。


こうゆうのは漫画じゃないと難しくって入って来なんですよね。


経済圏や継続可能なコミュニティの話です。言葉にするのが難しい現象を簡単に図解を入れて説明してくれています。
オンラインサロンの話とかもこれで説明できます。


会社を起こしてから読む方が絶対いい。
けっこう難しくて何書いてるか、わからなかった。

人生設計の本


僕の目標は世界中を奥さんとデジタルノマドすることなので必携。
美しくて穴場のスポットがたくさん紹介されています。


どうせ全部買うから定期購読を始めました。


全然面白くなかったけど、中学生くらいの道徳の教科書にあればいいと思う。今年一番売れた本らしい。


ちょっと前に書かれた本だけど、面白かった


この視点で会社員をやれている人はどれくらいいるだろうか。


恒例化しても AIが日本を救ってくれる。むしろAIを日本の大産業にした方がいいって話。
理にかなっていて面白い。

まとめ

紹介した本は33冊
今年は店舗で全然本を書いませんでした。

全部Kindleで読んでたんですよ、だって後からハイライトをつけて読み返せるから。
来年は引き続き、マーケティングやブランディング系の本を読み漁りたい。

ほなね