【Webデザインに舌鼓をうつ vol.11】 京料理 手をけ弁当 六盛 by AID-DCC (日本)

いつもとは全く違うテイストのサイトをお届けします。
なかなか和風のサイトでここまで尖ったデザインは見ませんでした。

これまで紹介してきたホームページはターゲットが若年層でした。
ただ今日ご紹介するサイトは50代から60代をターゲットにしたものです。

京料理 手をけ弁当® 六盛



https://www.rokusei.co.jp/

京都の料亭『六盛』は、110年以上の歴史がある老舗料亭です。
平安神宮のほぼ隣に位置し、結婚式の披露宴としても利用できるんだそうです。

結婚式場にも使われるとなると、20代もターゲットとして視野に入れないとなって感じですね。
どこにターゲットを絞るか難しい。

制作会社:AID-DCC.inc
クライアント:京料理 六盛

メインビジュアルのシズル感

雲が晴れていくようなアニメーションがとてもジズル感と和っぽさを演出しています。
メインビジュアル下の創業からの年月日の時間を表示しています。
必ず眼がつくところに置いてあるところがにくい。

カラーリングと写真に今っぽさと昔っぽさ

伝統を大事にするビジュアルに現代っぽいデザインを足して表現していてすごい!
写真を真上から取っているあたりが、instagramの正方形を彷彿させますね。

お弁当を開いた時の目線で写真を用意しています。
これは真似させてもらいます。

縦書きのメニュー

ハンバーガーメニューの中が縦書きの明朝体だなんて、なんて時代なんだ!!
いたるところにCSSで日本語を縦書きで実装しています。

結構前から縦書きのCSSあるけどまだほとんど実装したことないww

普遍的ジャパニーズクラシックなサイトデザインでした。
これって海外から見るとどんな風に見えるんだろう。

ほなね