東京のWeb制作業界内でも評判がいいホームページ制作会社まとめ

webデザイナー・エンジニア歴8年の僕が、ホームページをフルリニューアルするとしたらお願いしたい会社を選びました。

少し前まではweb制作会社はホームページを作るだけでした。
しかし最近では、SNS運用やコーポレートブランディングが求められ、デジタルコミュニケーション全体を請け負うことが多いようです。
ホームページ担当の方は参考にしてください。

さて、web制作会社の性質上、クオリティは毎年変わります。

web制作会社によって得意分野が違っていたり、抱かれているイメージが実際の評判が違うといったこともあるようです。

確かに現役Webデザイナーとして業界にいてるとわかりますが、昔はすごかったのに最近は名前を聞かないなーって会社もちらほらあります。

その理由は、移り変わりが激しいのは、何も技術やトレンドだけではなく、スタッフも同じだから。

web制作会社の性質上、デザイナー・デベロッパーが入れ替わると作品のクオリティは全く変わります。
一人のデザイナーが抜けることで、その人に憧れていた後輩たちがみんな芋づる式に辞めていくとかよくあります。

そこで今回は東京の

  • クリエイティブや企画力が強いWeb制作会社
  • 最新の技術をつかってクリエイティブを表現できる
  • Web業界の中でも評判がいい

そんなweb制作会社を厳選しました。

AID-DCC.inc

http://www.aid-dcc.com/

毎年、制作している数とそれに伴い受賞している賞の数が半端じゃないです。

CLASS for CREATING MYSELF

このサイトは過疎化が進む埼玉県横瀬が舞台。

名だたる制作会社のクリエイターがアートディレクションの授業を、中学生にしている様子です。

このサイト悔しくて、一週間ぐらい眺めました。

中学生が自分たちで作ったショートムービーがサイトを開いてしばらくすると始まります。ちょっと泣けます。

水曜日のカンパネラ

アーティストの独特の世界観をブラウザで表現しすぎです。
スマホの加速度センサーを使用した技術で実装されており、傾けたり、ふったりするとメインイメージが動きます。

株式会社TESS「COGY」オフィシャルサイト

976159832b3244e4b0f8e36ac757a649

こんなにポジティブな車椅子がこれまであったであろうかと!!
製作側の「絶対にネガティブなイメージを車椅子に与えさせたくない。」という意志がすごく伝わります

また、アートディレクターの田渕省吾氏は世界的なWebデザインの表彰サイトCSSDAの審査員もされています。

SHIFTBRAIN

http://www.shiftbrain.co.jp/

南青山におしゃれなオフィスを構えるシフトブレインさん。まずポートフォリオサイトがめっちゃかっこいいです。
デザイン・インタラクション・設計の何をとってもダントツでカッコいいです。

DENSO BRAND SITE

こちらはデンソーのブランドサイトです。
立体的な遷移が面白い。

個人的に一番好きなのはP.I.C.Sのコーポレートサイト。

P.I.C.S

日本で屈指のイケてるモーショングラフィックスの制作会社であるP.I.C.Sのコーポートサイトを制作されています。
背景の水に絵の具を落としたような、ゆらゆらする動きなんか胸キュンです。キュン死指数すごいです。

ちなみにこれはWebGLと言うブラウザで立体を表現するための最先端技術です。

最先端の技術を使いたいから作ったというサイトではなく、表現力を突き詰めたら最先端だった!!というのが正しいアウトプットですね。
恐れ入ります。

また、アートディレクターの鈴木慶太郎氏は世界的なWebデザインの表彰サイトAWWWARDSのメンバー・審査員でいらっしゃいます。
また、デベロッパーのTsukasa ToukuraさんもAWWWARDSのデベロッパーの審査員です。
業界の二大巨頭だと思っています。


monopo

https://monopo.co.jp

世界観がユニークでいて美しい。
ビジュアル作りが本当に上手です。

ファッション系の実績が多めですが、ブランディング案件ならなんでも強そう。
日本指折りの制作会社です。

自分のポートフォリオサイトの参考にさせていただいたのも、こちらのmonopoさんでした。

Rmagazine Digital

IN FOCUS INC

https://www.in-focus.co.jp/

こちらもビジュアル作りがとても得意な制作会社ですね。
ここのクリエイティブデベロッパー絶対ヤバイ。

VR STORY | 帝国ホテル・ライト館 VR再現プロジェクト

Studio Details

https://www.details.co.jp/

スタジオディテイルズは名古屋と東京を拠点にしていて、東京に事務所を構えたのは2017年です。
これがその時のティザーサイト。なんだこれミステリーっすね。

https://www.details.co.jp/tokyo/

もちろんWebサイト以外のグラフィック作品があります。

FRAMELUNCH

http://www.framelunch.jp/

かっちりとしたサイトをミニマルのデザインと設計で構築しています。
大手メーカーのキャンペーン系サイト多数です。

まずはFRAMELUNCHさんのコーポレートサイト。

FRAMELUNCH

SVGアニメーションを多用しながらも、制作会社として見せたいものを、Ajaxでシームレス(ページ遷移なし)でわかりやすく見せる。
ユーザビリティのお手本ですね。

タカギプランニングオフィス

Web制作で一番多いミスは、コーポレートサイトや写真がメインのポートフォリオサイトを、自己アピールしすぎのサイトに作ってしまうことです。
情報の優先順位をディレクターが誤る、もしくはクライアントに言い負ける形で設計が破綻することが良くあります。
そういった点でこのサイトは情報の取捨選択のお手本と思えます。

BEES&HONEY

https://beeshoney.jp/

こちらBEES&HONEYさんは(業界人はビズハニって読んでる)コーポレートサイトのブランディングが光ってます。

綺麗なおしゃれサイトと思いきや、ページが多いのにとても情報設計がされているサイトです。奥行きあるサイト設計ですね。

プロレド・パートナーズ | 経営コンサルティングファーム


AQUARING

https://www.aquaring.co.jp/

かっちり系のコーポレートサイトの制作実績多数。
愛知に拠点をおく制作会社です。今回紹介する制作会社の中でも一番かっちりしたサイトを作られていますね。

ブラザー工業 「日めくり絶滅危惧種」スペシャルサイト

インタラクションとBGMが心地いい。

大企業の案件を作っていると、相手の担当者の意見に振り回されて結局当初のゴールにまっすぐに向かえないことがよくあります。
歴史ある企業が特設サイトを作っていると、プロデューサーの腕前がすごいんだろうなって尊敬してしましますね。

寒川神社

1600年の歴史ある神社をこれだけクリエイティブにできるプロデュースの力よ。。

BIRDMAN

https://birdman.ne.jp/

日本の祭りを海外に紹介するサイトやオリンピックにまつわるサイトをリリースしてますね。

IS JAPAN COOL? MATSURI

驚くべきは動画のクオリティーとコンテンツ量の多さです。
長い歳月をかけてこだわり抜いたハイクオリティな動画がたくさんあり、日本人が見ていても美しいと思えるものばかりです。

本当にかっこいいです。

baqemono.inc.|バケモノ

http://baqemono.jp

センスの塊です。特にこれ。

KAZ ARAHAMA :: PHOTOGRAPHER

美しすぎる。美しすぎる。美しすぎる。

2016年に見たサイトの中で、フロントエンドエンジニア目線で見るとこのサイトがナンバーワンでした。
フロントエンドこそがデザインだと思えるような作品です。
光と影を映す写真家と同じテーマで、Webサイトがデザインされている。。

佐久間徹設計事務所

佐久間徹設計事務所のサイトは、バケモノさんのいつもの制作実績とは全く違うタイプのサイトです。

日本語縦書きのメニューがめちゃくちゃいけてる。

Garden Eight

https://garden-eight.com/

Bullying and Behavior

デザインアワード常連です。
とにかくカッコイイサイトを最先端のWebGL(3D表現したりする技術)で表現しています。

アート作品のようなサイトばっかり。

SONIC JAM

http://www.sonicjam.co.jp/

インタラクションに強いイメージがありますが、2018年にリニューアルしたポートフォリオサイトがおもしろいですね。
新しいスマホの使い勝手を提案するようなデザインです。

あと凄腕のモーショングラフィッカーがいてます。

SONIC JAM

こちらスマホで見た時のナビゲーションの使い方は、僕の常識を覆しました。

お茶のはまだ

ロゴやメインビジュアルなど、派手さのないアニメーションの中にセンスとこだわりが感じられるサイト。
もちろん技術的にもすごい。

DONGURI

DONGURI Inc.

デザインコンサルティングファームといってデザイン思考を元にしたブランディングの会社です。

ですので、おそらくホームページだけの制作はおこなっていないと思います。(想像です)

ただ、見てわかるように恐ろしいほどの画力と、堅牢なコーポレートアイデンティティの構築をされています。
webデザイナーだけではなく、イラストレーターの間でも有名です。


まとめ

今日ご紹介した制作会社は、東京でもかなり最先端の技術を持ったエンジニア・デザイナーが所属している会社です。
arutegaを見たって言って問い合わせましょう。特に何も起こりませんが、僕が喜びます。

ちなみに今回web制作会社をご紹介しましたが、arutegaの中の人である平尾もweb制作を承っています。制作実績はこちらです。

是非、お問い合わせフォームからご依頼ください。

ほなね