jQueryで画面の一番下までスクロールしたかどうかを判定

Web制作 , テック系 3月 04, 2017 No Comments

Webデザイナーの平尾誠です。よくスクロールイベントを使うことがあるので備忘録。
jqueryを使っています。

ドキュメントの高さ – ウィンドウの高さ

単純に引いて値を求めて、着火するという仕組みです。

ドキュメントの高さというのは、htmlだったりdivタグだったりしてもいいわけです。
ただし、ページのスクロールと、要素のスクロールの判定を取得するのに若干記述が違うので要注意。

単純にページの一番下までスクロールしたかどうかを判定したいだけならこれ。

innerHeight()を使っている理由は、paddingも含めて計算してくれるからです。
height()はheightの領域のみです。また、outerHeight()の場合は、marginまで計算されます。
高さの取得は、状況に応じて自由に分ける必要があります。

画面の一番下が表示されるスクロール位置を計算

こちらをにサンプルを用意しました。

ほなね

【PR】 社会人のための<格安>語学留学【寮・食事付き】172,000円/1ヶ月 の完全マンツーマン留学 フィリピン政府公式認定語学学校【NILS】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA