フリーランスのためにプロジェクト単位の働き方を支援する「TEAMKIT」がいい

webデザイナーの平尾です。
ここ最近フリーランスがとても増えていますね。

フリーランスってメリットもたくさんあるけど、実際に働いてみるとデメリットも多いです。
孤独だったり、仲間がいないと大きいプロジェクトをうごかせなかったり。

だから、そんな悩みを解消するサービス『TEAMKIT』を紹介します。
プロフィールページが刷新されたので実際に使ってみました。

この記事は

  • フリーランスで活動している
  • ポートフォリオが欲しい
  • プロジェクトメンバーを集めたい方

こんな方に耳寄りです。

TEAMKITはフリーランスが自己紹介とメンバー募集を行えるプラットフォームです。
プロジェクトのメンバー募集だけでなく、自分のスキルやツール、各種SNS、経歴、実績などをまとめたプロフィールページを作れます。

サイトはこちらです。

TEAMKITを実際に使ってできること

登録は簡単で、Twitter とFacebook と連携しています。

プロジェクトを作って募集する

プロジェクトのメンバー募集機能「Tent(テント)」を使って、プロジェクトメンバーを募集できます。
実際に募集されている内容は、仕事もあるけど、社会奉仕活動だったり、単純にオフラインで集まりたいってものもあります。

使いたい人が目的に合わせて募集ができるからありがたい。
僕も近々ソーシャルグッド系のプロジェクトを立ち上げて、メンバーを募ってみようと思います。

ポートフォリオ&プロフィールを作ってみた

自分の経歴やスキルをまとめることができる機能が大幅にアップデートされています。

わかりやすいですね。
サービスとしてとっても使いやすい管理画面が用意されています。
webでポートフォリオを持っていないクリエイターにはとてもありがたいですね。

ほんとお手軽。

僕も用意しました。

プロフの隣に自分のキャッチコピーをつけたよ。
20文字以内で自己紹介を簡潔に言い切ろう。

画像を入れて自己アピールもできるけど、なにを入れようかな、まだ分からずにいる。

スキルとか経歴が一目でわかっていい。

まとめ:フリーランス向けのサービスが今後増えるといい

フリーランスや副業が活発になっているのは、政府の後押しや企業の後押しだけではダメです。

それを享受するフリーランスや副業をしている人本人がもっと能動的に頑張れよって最近感じています。

これをwebサービスで後押ししてくれているこう言ったサービスがプロットフォームになることを願うばかりです。

ほなね