webデザイナー・エンジニアが退職する理由

僕はたくさんwebデザイナーやエンジニアをやめる人を見てきました。

自分はweb制作が好きなので、本当に残念な気持ちになります。

僕の周りに限った話かもしれませんが、一番多い理由は激務や長時間労働からの、うつ病や体調不良です。
その次は、給料が思うように上がらないことが原因でした。

すでにご存知だと思いますが、web系の仕事は労働時間が長かったり、薄給だったりします。

もちろんそうじゃない場合もありますが、web系の人たちが退職する主な理由を箇条書きにしました。

webデザイナー・エンジニアが退職する理由

労働時間が長い

webクリエイターには、”ここまでクオリティを上げたら終わり”という明確なラインがありません。

作り続ければ品質の向上は延々とできます。
だから自然に労働時間が長くなってしまいます。

”ここで終わる”とあらかじめ決めておきましょう。

こだわり屋さんは特に気をつけましょうね、こだわるのはいいんだけどね。

労働時間が長いのは、会社が原因でもありますが、本人の原因でもあるから要注意ですよ。

自分の表現ができない

これは普段から表現スキルを磨いてアピールしていることが大前提です。

何年もバナーばかり作っているとか、ずっと通販サイトの画像の切り抜きばかりしてる人がこれに当たります。

実績として自分の名前を世の中に出せないのは致命的ですよ。

もし、先輩のデザイナーが憧れの仕事内容をしているのであれば、奪い取れるように頑張りましょう。
でもそうでないなら、すぐに転職しましょう。

スキルアップにつながらない

上記と似てますが、雑用をどれだけ長くやってもスキルは上がりません。
エンジニアであれば、更新作業のみしていても意味はありません。

正しくがんばらないと永遠に報われません。

評価されづらい

デザイナーやエンジニアは数値で評価されにくいです。
いや、できないと言い切っていいです。

これが事業会社の中でとなると、なおさら人事評価に繋がりません。

これは変えようがないので、人事の評価基準を攻略して取り入れるか、辞めるかです。
極論は二択ですね。

給与が上がらない

もし評価されていて周囲から感謝されていると、やりがいだったり楽しみはありますよね。

でも不満の本質が給与であれば副業しましょう。
会社で給料を上げるよりも全然楽しいです。

また、社外で稼ぐスキルは一生ものですよ。
それに会社で昇級するよりカンタンです。

トレンドを追うことに疲れる

上記の全てが原因です。
デザイントレンドや技術トレンドのキャッチアップには終わりがありません。

成果が出ないと、いつまでこの仕事を続けたらいいのか、という思考が巡るんですよね。
わかります。

辞めれない理由はあっても、辞めれない会社はない

僕らクリエイターの仕事は、”作ることが好き”ということがルーツです。

だから自然にアウトプットにはこだわるし、労働時間が長くなったりもします。

それ自体はむしろいいことだけど、周りの環境環境に流されて自分の意志とは違う働き方をするのはイヤですよね。

すぐに会社を辞めたいのであれば、本当はきちんと自分で手続きをふんで退職することができたら本望。

でも、そうすることすらできない人は退職代行サービスを利用するという手もあります。

自分でやらないほうが早く辞めれるなんて、便利なのか、なんなのか正直複雑ですねww

最後の切り札は退職代行

退職代行サービスは2018年に退職代行EXITという会社が流行させるキッカケを作りました。

今は同じような会社が増えてきているので、比較検討して利用するのもありだと思います。

退職代行サービス
退職代行EXIT
汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービス
退職代行Jobs

カンタンにいうと、法律に詳しい専門家の方が、あなたとあなたの会社の仲介に入ってくれるというものです。

もし、会社と折り合いが合わない場合は、最後の手段として利用するのもいいと思います。

結局、周囲に気を使いすぎて身体を壊してしまっては身も蓋もないですからね。
おすすめの方法ではありませんが、自分を大切にしましょう。

あとがき

上記以外にも辞める理由はあります。

でも、会社員が会社を辞める理由は、自分の意志と違った仕事をさせられていることが大半です。

web系の仕事はどこでも働けるので、メリットばかりを取り上げられます。
でも、それは反面どこにいても心が休まらないというデメリットでもあります。

なにをしても不満はつきまとう

どこで誰と働いたとしても、自分でコントロールできないことは必ずありますよね。

文句をいっても仕方がないので、環境を変えるか自分の気持ちを切り替えないと身がもたないです。

精神的にも肉体的にも無理をしないで程度に頑張りましょう。

どうにもならないのであれば、辞めましょう。

今は退職代行とかもあるから、体壊す前にまずは上司や仲間に相談しましょうね。
もし、あなたに悩みがないなら周囲で悩んでいる人に声をかけてあげてくださいね。

いのちだいじに

ほなね