地方都市・大阪で副業するためにしている戦略的働き方

webデザイナーの平尾です。
僕は企業に勤めながら副業をしています。
いまや、副業が本業の収入を超えることも多くなりました。

この記事では、大阪出身の僕が、大阪で副業して生存できた戦略と体験をお伝えします。
考え方は会社員であれど、まるでフリーランスです。

ちなみにwebデザイナーじゃなくてもこのような方の参考になるはずです。

  • 副業したい人
  • ものづくりをしている人
  • 地方のフリーランス

大阪は東京と比べると制作単価も安く、おまけにクライアントを探すのが難しい。

そもそも企業の母数が少ない上に、人情を大切にする気質。
昔からのおつきあいで新規参入が難しかったりもします。

大阪にはwebやデザインを得意とする制作会社が少ない

僕が身を置くのは美容系のベンチャーです。
みんなが知ってるシャンプーとかヘアアイロンを作ってる会社です。

主軸をウェブディレクターにおき、主な業務はweb制作全般・コンテンツマーケティング・ブランディングです。

当然、社内で対応できなくて溢れかえりそうになると、外部に出すことを考えます。
その際に、コミュニケーションを取りやすいのは大阪の会社だったりするのですが、近くにいないんですよね。。

大阪のイケてる会社は忙しいし、単価が高い東京の仕事で手がいっぱいです。

そんな時に身近に副業されている方や、フリーランスの方がいると頼もしいと感じます。

大阪で求められる人材とは

大阪ではジェネラリストが求められる

大阪では業界の人が驚くようなスキルは求められません。
平均点を少し上回れば信用されます。

そのかわり、コミュニケーションの円滑さや、臨機応変な対応を求められます。

たくさん来る修正や、あとから来る変更にも対応しなければいけません。

専門性よりも総合力の高さが求められます。

大阪は安さとスピードを求める

前述の通り、質より早さと安さを求めます。
じゃあどうすれば僕らは副業で稼げるのか?

答えはシンプルで、早さを実現するために、再現性の高い仕事をしなければいけません。

つまり、自分の中に汎用的に使えるテンプレを用意すればいいです。

そのテンプレとテンプレを組み合わせてパッケージにして商品にしましょう。
僕はそうすることで、会社員でも副業を可能にしています。

副業を継続させるにはフリーランスとつながるべき

フリーランスに営業してもらう

会社員を続けながら副業を継続するには、フットワークが軽いフリーランスと繋がりましょう。

会社員が副業すると、時間的な制約で、どうしても対応できないことが発生します。

未然に事故を防ぐためにも、フリーランスと関係をつくっておく必要があります。

この辺りのリスクヘッジは最低限はしなければいけませんね。
クライアントを守るためには大切なことです。

東京のフリーランスと繋がる

特に、東京のフリーランスの方と繋がることができれば、安定して仕事をもらえます。
大阪ほど単価も激安って事もありません。

そういった意味でもやはり普段から発信しておくことが大切です。

大阪で副業の顧客を見つける働き方

副業や働き方を発信する

Twitterやブログで発信をしていきましょう。
世の中の副業への関心が高まっているからです。

情報発信をすれば、直接仕事につながらなくても、人脈ができたり、逆に有益な情報が手に入ったりします。
有益な情報が集まるところには、モノ・ヒト・カネが集まります。

営業メールを送る

僕のようにブログで発信する以外に、企業に営業メールを送るのもアリです。
100本くらい送れば3本くらいは返って来るので、そこからお仕事を獲得しましょう。

Mebicを活用する

Mebicをご存じないと思います。

クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

Mebicは大阪府が運営している零細企業と小規模のクリエイターをつなぐ公益財団法人大阪産業局です。

大阪は東大阪の町工場で知られるように、下町ロケットにもあるような中小企業が多いです。
前述した通り、大阪の仕事は参入障壁は高く、やはり縁故での仕事は多いです。
ですがそこにビジネスチャンスがあります。

一度フトコロに入ってしまうと、大胆な提案ができたり、経営コンサルのようなことまでできるので、諦めずに提案する価値はあります。

ただ、時間がかかるので、長期的な戦略として使いましょう。

僕も登録していて、中小企業や同業者からの、お仕事の依頼がメールで来るようになっています。
登録は直接電話をかければオッケーです。

派遣会社に登録する

あと、派遣会社に登録するがおすすめ。

転職することを前提にしなくても、その業界のことや、どのようなスキルを身につけておけば市場で単価が上がるかを知れます。

最近は副業オッケーの会社も多いので、空いた時間に登録だけ済ましておいて、副業したい時に活用すると良いでしょう。

自分にあったエージェントをみつけれると、仕事探しはかなりイージーになります。

副業専門
プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」
クリエイター全般
マイナビクリエイター:案件多数
レバテックキャリア:中途採用系派遣
マスメディアン:デザイナー案件多い
エンジニア系
エミリーエンジニア
GEEK JOB

派遣会社はどこもできることに大差ないので、一社だけではなく、複数登録しておいた方がいいです。

なぜなら、担当者によって当たり外れがあるからです。

まとめ

大阪で副業を獲得するには、自ら総合的なスキルを発信して、自分が動けない時間を助けてくれるフリーランスをみつけましょう。

会社員だろうがフリーランスだろうが、好きなことを仕事にすることが、自由への最短ルートです。

会社員の恩恵を思う存分にうけ、やりたい事でお金を稼ぎましょう。

あわせて読みたい
IT系副業にWebデザインがおすすめな理由とオススメ独学勉強法

ほなね