【単純】ランサーズで稼げない理由と初心者の壁

  • どうやったらランサーズで仕事を獲得できるんだろう
  • 初めてだけど大丈夫かな
  • 提案しているけど通らない

そんな悩みを抱えた方へ向けた記事です。

副業にランサーズやクラウドワークスを利用している方はとても多いですよね。
今やフリーランスや副業の登竜門のようなものです。

Webデザイナーを始めてから8年ほどたちますが、先月はじめてランサーズを通じて稼ぐことができました。
会社員をしながら副業だけで54万ほど稼げたんです。

その経験からランサーズ初心者の壁と攻略方法をお伝えします。

結論から言うと、とにかくたくさん提案することです。
仕事を受注できないのはあなたの実力が低いとかではなく、提案している数が少ないだけだったりします。

その理由と、効率よく提案する工夫をお伝えします。

また、稼ぐ方法は一つではありません。
たくさん提案することに疲れたらエージェントに仕事をとってきてもらいましょう。

自分本位のプライドを捨てよう

たくさん提案できない一番の理由がこれ。

僕が最初にランサーズに登録したのは2年ほど前です。
最初に依頼内容の予算を見た瞬間に感じた、正直な感想は

『安すぎてやってらんねぇ。
制作会社で働いているプライドが許さん。』

そんな感じで、そこからはずっと放置し続けていました。

僕の場合はこの考えが邪魔していました。
本当に稼ぎたいなら、そんなことは言ってられませんよ。

僕が作り慣れていた制作会社の見積もりは、僕の給与に保険や会社の事務所代、そこに信用を上乗せしたものです。

僕個人には上乗せできる信用は、はじめから無かったのだと自覚しました。
頭を切り替えて頑張ります。

最初から大きい金額は難しい?

そうやって自覚した僕がランサーズを始めた頃、少額の案件を選んでいました。

少額の案件を狙っていたのは次のような理由からでした。

  • 受注後のやりとりが不安
  • 完璧にこなせるか不安
  • 実績評価につく星の数を集めたい

だけど、少額案件に提案を続けているうちに気がついた。

『少額もらっても、楽しくない』

じゃあ実績にある評価の☆の数集めたら、高額な案件を受注できるのかというと、そんなことないです。

僕のランサーズでの初受注は¥135,000円でした。

受注することが決定すると、あいさつして、詳しく聞いて、質問に答えて。それを繰り返す。
どの案件も、仕事を受けた後の流れは同じです。

そのやりとりだけで少額案件はコスパが合わない。

テンション下がらない予算のものだけ提案します。

たくさん提案しよう

冒頭でプライドを捨てようとお伝えしました。するとどんどん提案することができます。

選ばれなくても全然凹まないもんねー♪そう考えると気が楽になります。
タイトルを見た時点で、半分以上できると感じたら、見積もり提案フォームを送リましょう。

提案書のフォーマットを作る

提案するためのフォーマットを作って、どんな案件でも使い回せるように準備しておきましょう

僕の提案文章はシンプルでこんな感じ。
思いつかなかったらこれをベースにあなたのオリジナルを作ってください。

初めまして。Webデザイナーの平尾と申します。
WEBデザイナーを8年、フリーランスでは2年ほどやっております。
主にデザインとコーディング、WordPressの構築・カスタマイズをメインに仕事をしております。
ご依頼内容のお力になれると思いご提案させて頂きました。

■見積もり
トップページ ×◯万
下層ページ(6頁)×◯万
お問い合わせフォーム×◯万

計:◯◯万(システム利用料別・税別)

■納期:◯週間
■ご提案
本番環境へのアップまで作業可能です。
制作実績を添付しておきます。採用のご参考になればと思います。

ご検討よろしくお願い致します。

平尾

ね?シンプルでしょ?長すぎても読んでもらえませんからね。

30件に1件くらいは返信があるんじゃないのーって感じで待ちます。

プロジェクトのキャンセルが多い

僕の感覚では、依頼主が誰にも依頼せずにキャンセルになるプロジェクトが半分以上はあります。

あなたが提案した見積もりの半分以上は無駄になります。
見積もりを送るか悩むくらいなら、次々と送ってしまった方が効率が良いので送ってしまいましょう。

ある日の管理画面

依頼主の発注率に気をつけよう

依頼主がどれだけランサーズを利用しているか、実際に発注しているかは見ておくといいですよ。

極端に発注率が高くない人には、僕は最初から提案はしません。
ランサーたちの提案だけパクって、他でどうにかしてるんだと思います。

そんな人を追い出すような仕組み、ランサーズ側も考えてくんないかなぁ。
こういう依頼主は本当に頭にくるよね。

ポートフォリオをPDFを用意しよう

自分の制作実績をアピールできるポートフォリオを用意しましょう。
デザインにこだわっていなくても大丈夫です。とにかくあればいい。

見積り提案画面でファイルを添付できます。
そこにPDFで作ったポートフォリオを添えて送るだけで、あなたの信用度はアップします。

あまり文章ばかりのないようにならないように、流し読みすればわかるように画像も使っておくとおくと良いです。

僕が添付しているPDFはこんな感じです。

できるだけ幅広いジャンルを掲載するようにしています。

受注できたら後は必死でかんばるんだ

受注できたら必死で頑張ります。
そもそもこれまで、全く自分の知らないことが出てこない案件なんかやったことない。

わからない知識に出会えることに胸をときめかせておきましょう。

稼げる手段を増やそう

ランサーズで稼げる人は、他の稼ぎ方も試してみるといいです。
忙しくなってくると、営業や経理まで全てこなさないといけなくなってくる。

だから、エージェントに仕事を取ってきてもらうほった方が、絶対にストレス少ない。

エージェント選びですが、やってることはどこも一緒です。
持っている案件は違うから比較した方がいいですけどね。

とりあえずこの二つだけ登録しておいたらいいですよ。

Workshipフリーランス

ここはWeb業界で知らない人はいないとであろうLIG.incの創業者である岩上さんがやってる会社のGIGが運営しているサービス。
ランサーズとかでそれなりに稼げるなら、登録しておいて損はない。

ポイント
週1~3日勤務などの柔軟な案件が豊富
まずは土日から、勤務時間終了後から、といった副業的な働き方ができる
freeeアカウントを無料提供
独自の会計士ネットワークが独立支援

激アツですが、東京で面談できる方のみです。めっちゃ案件の金額高い!!
土日で副業するなら、とりあえずお願いしてみるのもあり。

レバテックフリーランス

老舗ですよね。
フリーランスのエージェントといえばここって感じ。

ポイント
業界最大級の案件を保有
営業担当がベテランが多いし、現場からの信頼があつい

実は、僕が人事担当の時にもエンジニアの人手不足を助けてもらっていました。

教訓:小さい案件をたくさん回すのはしんどい

とにかくランサーズで稼ぐのであれば、たくさん提案しましょう。

でもランサーズでたくさん稼ぐとなると、同時にたくさんの案件を回さざるを得ない。
そうなるとコミュニケーションが大変です。それだけは覚悟しましょう。

数を多くこなしたいなら、フリーランスでチームを組んで開発する方がストレスなく安心して作業できますよ。

僕のリソース空いてます。誘ってね。

たくさん提案することに疲れたらエージェントを使ってみるのもあり。
僕はもう Lancersに力を入れません。

ほなね