Webデザイナーだけどエンジニアだらけの入江開発室に参加してみた

Webデザイナーの平尾誠です。
2ヶ月くらい前からエンジニア界で話題のオンラインサロン、入江開発室に入室(正しいんかなこの表現)しています。

僕は結構前から開発室長の入江さんのTwitterは拝見していました。

入江さんはずっと 個人でWeb制作を受託でされていたそうですが、それを全部やめてサービスづくりで生きていくと決めたそうです。

すごく熱い情熱の持ち主だってことぐらいは、フォローしてるだけでも充分に伝わります。
でも

『サービスってそんなサクッと作れるもんなの?』

って疑問を抱きながら興味があったので入ってみました。

結論は、知らない人の開発みてると意味わからない言葉が飛び交ってて勉強になるし悔しいからサービス作りてぇ。

入江開発室でしていること

大きくまとめるとこんな感じ。

入江開発室
Webサービス・Webアプリっぽいものを有志で開発(全部が無償ではない)
ブログを更新いないとケツを叩かれる
初学者用のスレッド

開発室入り口はこちら

開発室の主なコミュニケーションはSlack。
もちろんみんなでサービス開発をしていて、挙手した人がプロジェクトにばんばん参加していくスタイル。

別に仕事じゃないから、好きなプロジェクトに参加すればいいだけ。

ココでは言えないサービスをたくさん作ってます。

参加するプロジェクトは自分次第

がちムチなエンジニアじゃなくても参加できるプロジェクトはあります。

あと参加者の自らのスキルに合わせて学習できるスレッドが用意されてたり、ブログを更新を煽られまくるスレッドもある。

こういう”朝起きれない息子を強引に叩き起こす系”のスレッドがあるのは、自堕落なあなたにピッタリだよフハハハハ。

Webデザイナーの僕が入江開発室に入った理由

僕はWebの受託を副業でバリバリしている上に、動画制作の勉強中。

正直、遊びで開発している時間どこにあるんだって感じですが、時間はどうにかして作るものです。

自分に開発者として頭打ち感がある

自分はフルタイムで、Webデザイナー兼マークアップエンジニア兼ディレクター兼マネージャーとして某メーカーの制作部門にいます。

要するにインハウスデザインチームのマネージャーです。

たくさんの業務をしていると、開発者としてのスキルが頭打ちになってきます。
実践が少なくなると開発者は緩やかに死んでいく運命。

今はVue.js に一番興味あります。

知識を盗みたい

サロン内には時間さえあれば一人でサービス作れるわって感じの、モンスターエンジニアがウヨウヨいるわけですよ。

エンジニアの巣窟に飛び込んだデザイナーが僕なわけです。

今に見てろよちくしょー。

でも悔しいけど、悔しさ通り越して尊敬しかない。

エンジニア仲間欲しい

僕の副業の内容は、だいたい一人でデザインとコーディングするWeb制作です。

一人でできることには限界がある。
それに一人で仕事するの飽きてきた。

また、自分よりもデキる人と仕事をするのが一番成長早いんですよ。

わいわい言いながらモノ作りするのって、オンラインでもオフラインでもめっちゃ楽しいよね。
入江開発室サークルみたいで青春かよ。

デザイン上手になりたい

自分はデザイナーだけど、ほとんど実務の中ではマークアップエンジニアとして働いてきた時間が多いです。

実はガチでデザインとマークアップ両方をバランスよくできる人は少ない。
特に東京に限って言えばかなり少ない。

だから自分が入ることで、デザイナーとエンジニアの間をとりもつことができる。

それって自分にとっても開発室にもいいんじゃないかって思いました。



まとめ:前のめりな人にはちょうどいい

オンラインサロンってブームですが、たくさん熱心なエンジニアたちがサロン内にいるから、目的を明確にして入らないと埋もれてしまう。

参加したからには発言していかないともったいない。

僕は今、あるプロジェクトでデザイナーとしてジョインしています。

そのプロジェクトを進行してくださっている@nobita_x009さんもホスピタリティ高め。

自走できるタイプの人と一緒に仕事して、みんなも積極的に自走しよう。

一緒に関わる人に対してこうでありたいと思う記事を過去にまとめています。

こちらも興味があればこちらの記事もどうぞ。

ほなね