Amazon Echo Dotの便利な使い道をおしえてください

Amazon echoがウチの会社にきたので感想。

僕はIoTの広告・プロダクトの開発を推進するチームの一員になりました。
だから、うちの部署でもつかってみようって流れになったのです。

結論から言うと使い方は簡単だけど、使い道がわからない。
周りをぼんやり光らせて、かなり微妙な存在として鎮座しています。

Alexaがオフィスで期待されること

”Alexaおはよー”なんて言って、勤怠システムと連携ができたらタイムカード押さなくていいんじゃなかろうか。
電源を入れるとぼんやり光ります。

見た目。かなり小さい。

Amazon Echo Dotのセットアップ

セットアップは専用のアプリを介して行います。
iPhoneを使っている方はApp Storeで「Amazon Alexa」と検索すると出てくるのでインストール。
あとはアプリの説明に従ってWi-Fiに繋いであげるだけ。

Alexa歌って!って言ったら歌い出して、なかなか歌うのをやめないからウケた。
そんなこんなでひととおりキャッキャした後、一旦冷静に他の使い道を考えた。

あんまり使い道がない。。ショボーン

Siriの方が便利だと思います。

Alexa使い方

・音楽の再生:Amazon Music Unlimitedが月額380円で使える
・天気予報を聞く
・スケジュールを言ってくれる

あと家庭で使うなら、カーテン閉めてくれたり、お風呂沸かしてくれたりするみたい。
だけど、相手の家電がスキル(拡張機能)に対応していないと使えない。

部屋中のリモコンがAlexaの操作に変えれたらまあ便利だけど。。
結論。あったらいいけど、なくてもいい。

AmazonのAlexaには、いずれ広告が入るかもしれない

これまでのSNSに広告が入ったように、これからの音声スピーカーには広告が差し込まれるだろう。

そうすると、Amazonはユーザーの購買履歴を知っているので、広告主はとても的を得た広告を出すことができる。

例えば、『Alexa、水買って』っていうと、購買履歴から、ミネラルウォータを買える。

すると、ちょうど水が切れる頃に『お水はまだありますか?六甲のおいしい天然水が最安値ですよ。』と声をかけられるようになるだろう。

すでに購買意欲が高い人に向けて、広告を出すことができる。
そんな未来はきっとすぐにやってくる。

もしかしたら日本の高齢化による、足腰の悪い老人を助けるのはAmazonかもしれないな。

IoTの課題

他のIoT商品もそうですが、センシング(データを集めるところまで)はうまくいくのですが、今のところ革新的な使い道がない。

新たにガジェットを使って新しいことをするよりも、今ある生活にIoTが溶け込まなければ、この手の商品は流行りだけで終わっちゃうのだろうなと感じた。
ではではIoT推進部チームに就任した僕でした。

大きいやつはスピーカーとして使えるんだろうけどあまり評判良くないね。。

AlexaよりSiriの方が今のところ便利。
これから間違いなく音声検索の時代がくるから、それまではトレンドを追い続けます。

またIoT関連商品が手に入ったらレビューします。

ほなね