リゾートワーカーだと!?働いたらリゾートじゃなくねぇ!?

ノマドライフ 9月 08, 2017 No Comments

働き方についてたくさんの記事を目にするようになったけど。先日このような記事を見まして。タイトルをみて突っ込んだよね

働いたらリゾートちゃうやん

矛盾してるよ。リゾート地で働いても、仕事してたらリゾートじゃないやんか。すでにあるノマドワークでも同じ意味を包括しているから、こんな言葉必要ないと思うんやけど、どうかな。

リゾートワーカーとは

 
・リゾートワーカーとは旅をしながら働く人たちデジタルノマドでいいやん

いい側面を捉えた言い方をすれば、旅をしながらパソコン一つ、電話一本で働いている人たちです。
逆のいい方をすれば、いつでもどこでも、パソコンと電話に縛られながら生きている人たちのことです。

捉え方はその人の価値観に左右されますが、すでに仕事とプライベートが混同していて、それでもストレスにならない人にとってはとっても魅力的な生き方ですよね。逆に、時間で区切って働いていると、何にも考えない時間を作るのが難しいかもしれません。

いずれにしても、デジタルノマドとリゾートワーカーの差がわからないけどなんなんでしょう??

ぼくの結論:場所だけリゾート地に行っても、心を解放できなければリゾートワークとは呼べない

新しい言葉が出てきたけど、いちいち覚えていたらキリがない

サバティカル
元は大学教員の研究休暇の呼称ですが、昨今では長期間の勤続者に対して数か月の休暇を与える制度として、米企業を中心に広まっています。企業によっては休暇中の最低賃金も保障してくれるケースもあります。

ジョバティカル
世界中で募集している求人を見つけられる求人サイト
アジア諸国におけるIT関連の求人が多く、エンジニアだけでなく、プロダクトマネージャーなどの仕事も豊富。作業は数か月単位の短期間のものが中心です。

新しい働き方を提唱されれば、その分だけ、新しい造語が発生してニュースフィードを賑わしますね。
知らなくてもいいだろこんなのきっと年末には誰も覚えてねぇよ。

デジタルノマドは実在した

実はこのような人たちって、ツイッターやブログの中だけの人たちって思っていたけど、実は僕もフィリピンのエルニドに行った時に出会ったんですよ。
デジタルノマドは実在したんです。こんな生き方いいなーって憧れました。

もうリタイヤしてエンジェル投資家として生きているオーストラリア人のトムさん
電話でやりとりして、パソコンだけあったら仕事できるから東南アジアを悠々自適に旅しながらタイにコンドミニアム借りて住んでた。

今でも親交があるので、トムさんから言われた金言は、また別の記事で紹介します。

ほなね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です