自己紹介

ご覧いただきありがとうございます。初めましてWebデザイナーの平尾誠です。
現在はLIG.incのフィリピンのセブ支社でエンジニアリングをしています。

自己紹介させてください。

目次

  • ブログ:アルテガの紹介
  • 生い立ち
  • Webデザイナー・平尾誠の自己紹介

ブログ:アルテガの紹介

このブログはWebデザイナーの僕が”その手がある”をテーマに、Webデザインを通じて体感したこと、知った知識をまとめています。
主な記事内容は

・WebデザインとWeb制作のテクニカルな記事
・海外エンジニアリングについて
・セブでの海外移住記録

となっております。

環境

サーバーはロリポップのスタンダードプラン。
WordpressのBlogIMをカスタムして使っています。

SEOやアナリティクスの勉強のために始めたアルテガですが、一番は自分が楽しくアフェリエイトに励めればいいなと思っています。どうか購読していただければ幸いです。

生い立ち

大阪府堺市出身 1985年生まれ。父親が56歳の時に生まれ、海軍元帥の山本五十六の生まれ変わりだと父は信じて疑わない。座右の銘は『知るかボケ
さかのぼること僕が8歳の時。近所のお兄ちゃんが一緒に野球をしてくれなくなってきて、レゴのブロックにようやく飽きた僕は、幼馴染の材木屋に行っては使わなくなった材木でイスとかテーブルを作っていました。

作っていると僕の住む平屋のアパートの前を通る見ず知らずのおっさんが珍しそうに、親しげな笑みを浮かべながらほめてくれることに気を良くし作りまくりました。クラスメイトに図工や美術で注目を浴びるのも気持ち良かったんだと思います。
エスカレートした僕は建設中の家や工場に忍び込んでは、建設資材のゴミ置き場をあさっていました。

中学生になり友達の部屋にインテリアとしてスロットマシーンが飾っていることに衝撃を受け、自分の部屋の改造に目覚めます。その情熱は社会人になっても小さくなることはなく、団地の自室の改造に拍車がかかります。一度始めたらいくところまでいってしまう性格が家具製作に油を注ぎ、家具だけでなく内装も全部作りました。DIYの月刊誌に掲載されるまでに至りました。

ある時、知人の親不孝なHip hopアーティストから、アルバム音源のジャケットとロゴを作るように頼まれたのがきっかけで、デザインの道へ没頭。
その後、フライヤーのデザインに足をつっこみ、インテリアデザインからWEBデザインへ方向転換。職業訓練校にてWEBデザインを本格的に勉強開始。

大阪で美容室の販促物を専門に扱う会社でホームページ制作を約2年経験後、東京に上京。
東京で2社のWeb制作会社を経験。採用や人事、事務所移転のプロデュースなどWeb制作以外の業務も体験。

Web制作によくある深夜対応と休日出勤がたたり、過労でクリスマスの朝7時に気を失う。
その頃から、作り手のこだわりはどこまでが妥当かを考えるようになり、Webデザイナーやエンジニアのキャリアや福利厚生に興味をもつ。
日本でのエンジニアリングの閉鎖感と、英語を覚えなければいけないという焦燥感にかられ、31歳の時にフィリピンに英語留学を経験。その後フィリピンのセブにて事業展開中のLIG.incにてフロントエンドエンジニアとしてジョイン。

現在はセブでエンジニアとしてホームページを作っており、プライベートでは海外デザインアワードであるCSS DESIGN AWARDの審査員もやってます。得意な実装はレスポンシブノリツッコミです。

Webデザイナー・平尾誠の自己紹介

将来の夢はクリエイターの村長になることです。
故郷の大阪では美容室などの小規模案件をディレクション・デザイン・マークアップの一連の流れを担当しており、東京の制作会社では様々な業種の中規模案件をフロントエンドとして担当させていただきました。
冒頭にもありましたが、現在はフィリピンのセブでフロントエンドエンジニア(Web制作会社でコーディングする人)として働いております。

ポートフォリオ ”CODE IS DESIGN”
http://mako.red/

フロントエンドと言われようが、私はウェブデザイナーです。

東京でのWeb制作の現場ではデザインとマークアップを分けて考えることが多く、作業の分業化が活発です。しかし、本来ならその二つは決して切り離してはいけないもので、情報設計と運用を無視したデザインや、デザインと使いやすさを無視したソースコードはあってはなりません。
二つが一つで初めてウェブデザインと考えています。
私のこれまでのキャリアのほとんどはマークアップに費やされました。しかし、スキルセットを常にデザインとマークアップの中間においているため自身をウェブデザイナーだと思っています。
私はデザインとマークアップの双方の技術を、日々高めていくことにとても意欲的です。
ソースコードこそがデザインだと考え、フロントエンド側からデザインを常に改良していこうと考えています。

違う価値観を持った人と共に働きたい。

人事・採用担当を経験させていただいたことがきっかけで、Web制作会社での働き方を改善したいという思いが強くなりました。どうしても私たちは制作が楽しいあまりに、時間と健康を損ないながら、中には家族を犠牲にしながらモノヅクリをしている気がしてなりません。このブログではWebデザイナーを取り巻く環境や、これからも無理をせずに続けられる働き方を考えていきます。

人生のゴールはクリエイターの村長

家族や恋人から応援されるようなデザイナー・エンジニアの働き方を模索したいと思います。
何をするかも大切ですが、それよりも誰とするかが何よりも大切であると考えるようになりました。
アトリエのような小さなシェアオフィスを作り、様々な職種の方々と一緒に仕事をしたいと思っています。そして小さな村のようなコミュニティを形成して「村長」と呼ばれたい。私の人生のゴールはクリエイターの村長です。

2017年に結婚し、これからは自分が喜ぶ仕事よりも、自分の周りが喜ぶ仕事をしたいと思ってます。
というのも、自分のためだけに働くのに飽きてしまったから。モチベーションが保てません。
だから、これからWeb制作を志す方や、海外でのエンジニアリングに興味がある方に向けて、体験したことを綴っておこうと思いました。
今までの諸先輩がたがそうだったように、これからも先に経験した人が、後の人に引導を渡し、知識を共有していくものだと思います。

——————-
– ライフプラン
33歳までに海外デザインアワードを取れるだけ取る。
34歳までに英語コンプレックスを打ち破る。
35歳までに地方都市にシェアオフィスを作る。
37歳までにIT企業とフリーランサーのためのアトリエのような保養所を作る。
40歳までに健康保険組合と組んで地方都市に広げ始める。
50歳までに村長になる。

– この先したいこと
after effect
VJ
インタラクションデザイン
Motion graphic

Web制作会社と健康保険組合で福利厚生を目的とした施設を作る
美容関連のサービスを作る
美容師の雇用形態を変える
特殊なデータを集めるサービスを作る
コワーキングスペース運営
海外と協業の製作
日本に移民を奨励する

– 受賞歴
2016
DAAアジアデザインアワード – DESIGN OF THE DAY
CSS DESIGN AWARD – SPECIAL KUDOS
CSS WINNER – STARS
AWWWARDS – NOMINEE
CSSREEL – WINNER OF THE DAY
BESTCSS – SITE OF THE DAY
CSSLight – FEATURE OF THE DAY

2017
CSS Design Award 2017 審査員