モオルボオールとカワサンフォールに行ってきた

セブの市街地なんて3日で飽きます!!
飽きた飽きた飽きた!!!海に行きたい!!セブの市街地の人混みが大嫌いなフィリピン在住エンジニアの平尾誠です!

フィリピンは人が本当に多くて、その人混みの多さに人酔いします。
せっかくフィリピンに来たんやから、海に行きたよね。。

セブに飽きた私が、セブにいるなら行っておきたいスポットの一つ、モオルボオールとカワサンフォールに行ってきました!

モオルボオールの場所

モオルボオールに行こう

今回はかなり長距離になるため、高速バスで行きました。
たいていのセブ島の南側の長距離はこのサウスバスターミナルからいけます。

7時:バスターミナルでバスを待つ

7時過ぎからサウスバスターミナルから、モオルボオール行きのバスに乗りました。
片道160ペソ、バスで3時間でつきます。行きのバスは窓なしと窓ありがありました。20分に一回くらいバスがきていたので待つ時間はさほど長くなかったように思います。

間違いなく窓ありの方がいいです。エアコンが若干寒いですけど、フィリピンの市街地の、汚い空気を浴びながら観光するのはお勧めできません。

モオルボオールはとてもたくさんの人が降りるので、わかると思いますが、不安であればバスの添乗員に一声かけておく方がいいかと思います。

11時:モオルボオールに到着

到着するやいなや、ものすごい数のバイクタクシー(トライシクル)に囲まれます。
これがとにかく慣れていないとウザいです。フィリピン人は時に、距離感が異常にに近かったりするので、ウザってなります。

降りた付近がフィリピンっぽかったので

しれっとこなれた様子で私たちはかわしながら、ホワイトビーチに行くための最安の料金を探ります。
嘘をついてふっかけてこないドライバーを見つけて、ホワイトビーチに行きたいと行って連れて行ってもらいましょう。
150ペソで20分かけて行きましたが、そこはあなたの交渉次第です。多分100ペソくらいでいけると思います。
めちゃくちゃムカつくトライシクルは300とかふっかけてきます。

11時30分:ホワイトビーチに到着

とにかく今日の目的地:モオルボオールのホワイトビーチに着きました。

ただ、この通り、結構人が多かった。事前に調べていた時にはそうは感じなかったのですが、フィリピン人が特に多かったです。
この日は日曜日だということもあり、ファミリーできている人が多いようでした。

私たちは静かなビーチを目当てで行ったので、

なんか違う気がするてなりました。

ただ海はご覧いただける通りめっちゃ綺麗でした。長い砂浜には海の家だったり、レストランもあるのでまったりできます。

だけど、人が多くてすぐに私たちは撤収しました。

ビーチの端っこにて

13時:もう一度バスの停留所に戻り、カワサンフォールに向けて出発

同じ場所からバスに乗ったてカワサンフォールへ。次は30ペソでいけちゃいました。
これもホワイトビーチからトライシクルに乗って行くとすると500ペソとか言われます。だけど、結構遠いので、そもそもトライシクルで行くもんではないですね。

次の目的地はここ

13時30分:カワサンフォールの最寄駅に到着

ここから30分くらい低い山を自分の足で登ります。
途中の景色は、森林浴って感じでとっても気持ち良いです。
緩やかな坂と、せせらぎが体の中の汚い市街地の空気を浄化してくれます。
セブの市街地で疲れていた我々にとっては心地よい程度の運動でした。

14時30分:カオサンフォール到着

どうしてこんなにエメラルドグリーンなのかと目を疑うほどの景色でした。
ここでは、イカダに乗ったりできます。レストランが手前にたくさんあり、そこで食事を取ることもできます。
やはり日曜日なんかに行くよりかは、行けることなら平日に行くことをお勧めします。

15時30分:家路へ

日曜日の午後はとても交通状況が悪く、たいていの場合は渋滞にはまります。
行きは3時間でいけましたが、4時間半かかりました。
ですので、帰り道は余裕を持って、早めに帰ることをお勧めします。

もっとセブの市街地から近くで静かなビーチを味わいたかったら、こちらの方が断然お勧めでした。
あくまでまったりしたい方向けのビーチならこちらをご覧ください。

ほなね。