【社会人必見】30代でフィリピンの英語留学に行ってきたよ

どーも、いつも非常食として前歯にネギをつけています。Webデザイナーの平尾誠です。
2016/11/13から2016/12/17日まで5週間フィリピンに短期語学留学に行ってきました。
私は当時31歳のWebデザイナー・デベロッパーでした。もっと早くに留学したかったのですが、とにかくWebデザイナーは給料が安く、なかなか貯金ができませんでした。やっとの事で留学のチャンスをつかんだので、自分のと同じように社会人になってから留学する人のための記事をまとめておきます。

行ってみて実際に結果を出せる人と、そうではない人が分かれると体感したので、これから行く方に記しておきます。結構長いですけどよく読んでもらって、他の人の意見と比べながら、あなたの留学を初めてほしいです。

なぜフィリピン留学なのか

なぜフィリピンかというとTOEIC 355点の僕にとって、オーストラリアに行くにはコストパフォーマンスが悪いかなと思ったとこと、オーストラリアは有給で働けるところといえば日本食レストランくらいだと聞いていたからです。有給で働くならWebの仕事がしたかったし、ジャパレスでの経験とか必要ないし。
その辺はみんな調べて知ってると思います。

あわせて読みたい
語学留学に行く前に、フィリピン人の英語は本当になまっているのか
宿泊代と授業料を切り離して通学すれば、フィリピン留学はもっと安く行ける

あと、オーストラリアに行かなければならないほど自分の語学力はネイティブを目指せるレベルではなかった。TOEIC600点以上はないとオーストラリア行っても授業についていけずに、留学のパフォーマンスを発揮できないと思います。後述しますが、TOEICの点数は話すこととは別物です。

ワーキングホリデー協会に入会したり、たくさんセミナーにも参加しました。でも結局、オーストラリアやカナダは選びませんでした。
とにかくフィリピンは宿舎とご飯と授業料がセットなのと、マンツーマン授業がかなり多く取れることが魅力です。

SchoolWith経由で選んだ学校は3D ACADEMY

SchoolWithのホームページって使いやすいですよね。職業柄でしょうか、使い勝手の悪いホームページは見る気にもなりません。費用の見積もりの申請も結構すぐに返信があった印象があります。

実際にSchoolWithの方はとても親切で、今回に行く随分前に個別にカウンセリングしてもらっていて、自然に自分の身の上話をしているうちに熱くなってきたのを覚えています。結局行動を起こさないとなーなんてね。

悩みに悩んだ、私が留学先として選んだのはセブの市街地にある3D ACADEMYです。32歳を目前にした31歳でした。やはりフィリピン留学の代理店で有名なSchoolWithを経由して申し込みました。

3D ACADEMYは市街地にあって、スーパーマーケットと併設していてとても生活しやすい環境でした。
だけどセブ全域に言えたことですけど、画像のような美しい海とは程遠い、排ガスまみれの市街地です。海なんて全く期待していなかった私は大して驚きはしませんでいたし、その方が勉強に熱中できると思いました。3Dアカデミーはコスパはかなりいいと思います。1日3食ついてこのコスパは、ご飯が美味しくないのを差し引いてもとても魅力的です。同期の学生たちも3D ACADEMYに決めた理由はコスパでした

あとガチで勉強というより遊び半分で行く人は、1ヶ月に一回くらい先生が旅行代理店より安くで、ショートトリップを企画してくれます。僕は一度だけマラパスクア島に行きました。気合を入れすぎて勉強に行き詰まってもこれで大丈夫です。

入学までの費用

フィリピン留学ではみなさんご存知の通り、学費がとても安く、食費と滞在費(ホテル・寮)が含まれているので予算が立てやすいと思います。
私が今回お世話になった代理店のSchoolWithさんの3D ACADEMYの見積書はこちら。

授業料と滞在費のほかに航空券代と直接学校に支払う費用が別途必要です。

私の場合は5週間で
入学+授業料+滞在費 = ¥176,250
往復航空券 荷物20kg = ¥47,710
ビザの延長費 30日 = php3440(約8300円)
その他 電気・光熱費など

この時にあまり意識していなかった授業料以外にかかってくる費用に驚きます。往復の航空券とか入学金などが入ってくるとなかなか高額になってきますね。全部の費用プラス3万あれば旅行とか入っても余裕だと思います。

注目すべきはビザの延長費。

また30日以上の場合や60日以上の場合など、滞在期間によってビザの延長費用がかかります。
これは学校に支払うものではなく、フィリピン政府に支払うものなので必ず必要となります。意外に高かったりするので入国60日目の直前のタイミングでシンガポールに旅行してまた帰ってくるという手もあります。
というのも、一度国外に出れば連続滞在期間がリセットされるんですね。
シンガポールであれば往復でphp6000(だいたい14000円くらい)で航空券が買えるのでそういう人もいました。
あとはSchoolwithから用意しておいたほうがいいものなどの手引きがありましたので、それに従って準備しました。

やはり年齢は関係なかった

私は32歳を目前に語学留学をしました。行ってみると私は年長者のうちの一人でした。大学生が夏休みや冬休みの時期は、学生が多いと聞きますが私が行った時期は社会人しかいませんでした。年齢もバラバラですが一度社会人を経験した人は目的意識がはっきりしている人が多く、それだけでもとてもいい刺激になりました。

・これからオーストラリアに行く美容師さん
・オーストラリアとスリランカでサッカーしてたサッカー選手
・これからオーストラリアに行く北海道出身のカップル
・オーストラリアの学校を休んでフィリピンに来た人
・日本語と韓国語がペラペラな在日3世
・学校で彼女ができちゃった悩める社会人
・もはや来る必要があるのかどうかわからない東大生
・有給消化で夢を叶えた50代の税理士
・世界を旅しながら働くチェコ人
・兵役を終えたばかりの台湾人

などなど、人それぞれの背景があって楽しかったです。僕より年上の人も全然いましたよ。男性と女性の比率は半々くらいだったと思います。

学生が休みのシーズンに行かない方がいい

学生たちが長期休暇の時期はとても学生が多く、普段の2倍以上の学生が一度に入学してきたりするそうです。
長期休暇の時期ではないシーズンに行くことが結果的にとても功を奏したと思っています。混んでいる時期だとマンツーマンの授業で好きな先生を選べないからです。ここが肝心です。自分に合ったマンツーマンの先生を選ぶには閑散期に入った方がいいと思います。あと加えて1ヶ月未満の留学はオススメしません。

1ヶ月未満の留学を僕はオススメしません。

なぜかというと、留学1ヶ月目では授業を受ける能力が乏しいからです。どういう風に予習と復習をすれば英語が伸びるのかを、自分で掴めないままに帰国してしまう可能性がとても高いと思います。
例えば自分に合っていないと感じた授業を変えたくなっても、滞在期間が短ければ、そのまま続けるべきか、変更をお願いするのかとても悩みます。授業を変更したからと入って、次に当たった先生も合わない恐れもありますからね。

それに4週目くらいで勉強のコツとか、よく先生が使うフレーズなんかを真似している自分に気づきました。この頃から少しだけ英会話っぽいことができて、話すことが楽しくなります。

最低限の準備

日本でもかなり準備できることがあります。文法と英単語は日本で勉強した方が効率的です。
僕が準備して行ったことは以下

単語を覚えた

実際に使ったものは下記です。
・英単語ターゲット1000
・ユメタン 大学合格必須レベル

この辺は日本で勉強しておかないと、かなりもったいないかと思います。フィリピンではインプットしてからアウトプットするのではなく、アウトプットしてからインプットを復習・覚えるといった反復勉強法で英語を身につけることとなります。実際に単語だけ知っていれば、バラエティを覚えるのは早いです。

文法をおさらいした

実際に使ったものは下記です。
・一億人の英文法

この本はかなりの大学生が愛読している本のようですが、実際に私が行った学校でも使用している人はたくさんいました。この本をお勧めする理由としては、英語は配置の文法だということです。
名詞、副詞、形容詞の使い方をおさらいすることでかなり実践的な会話を身につけることができると思います。

以上のことは最低限しておかなければ、かなり授業代を無駄にしてしまうと思います。
先生はもちろん日本語を話せません。文法や単語は日本語の本を読んで勉強する方が間違いなく身につくスピードは早いと言えます。

英語を覚えない人

・be動詞って何?な人
・授業中に先生としか英語を話さないシャイな人

かなり辛口なことを言いますが、be動詞あたりの中学生の英語を理解していない人は、3ヶ月では結果が出ないと思います。
6ヶ月とか行かないとしんどいんじゃないかな。。多分ね。
私は中学英語は理解しておりましたが、高校ではほとんど英語の授業は睡眠タイムでした。それでも英語は伸びました。むしろはっきりと伸びているのを実感できたと思います。
ただ、初級の初級で小学生英語がわからない人はめっちゃ苦労していました。
isとareがわからない。do,did,doesがわからない人はまだ行くには早いです
考えてもみてください。先生は全部英語で文法を説明してきます。英語の文法を聞いてるのに文法を英語で説明されてもわかるはずがありません。初心者レベルではなおさらです。

あと少し話は逸れますが、2年間も駅前留学をしていた人が来ていました。
事情は知りませんが、海外に行くのは度胸が必要です。人と話す度胸がない人、違う環境に飛び込む度胸がない人は結局、英語で会話は難しいと思います。卒業するまで、その人が外国人と話しているのを見たことがありませんでした。

フィリピン留学に行くだけで英語力が伸びるというのは間違っています。
行かなくても勉強した人・英語を使った人だけ英語力が伸びます。

一番伸びる人

授業以外でも英会話をしている人は必ず伸びます。具体的には頭の中の独り言を”英語でなんてゆうの?”って常に考えている人です。
かなり実用的な勉強方法です。日本語には頻度や量を細かく表現する単語がかなりたくさん準備されています。たとえば、”かなり”、”たまに”、”今のところは”の様な単語はニュアンスなども含めて伝えるのが難しいと感じました。なるべく早く習得することをお勧めします。

また、どんどん積極的にみんなに挨拶をする人は伸びます。
比較的日本人は日本人と集まりますが、台湾人はかなり積極的に日本人に話してきてくれます。これは国民性だと思いますが、彼らの英語も聞きづらく文法的にはきっと間違えていると思います。けれどこういうところを見習わなければ話すようにはなれないです。

フィリピンでなくてもいい人

ネイティブ英語でどうしても勉強したい人

きっとTOEICの点数が700点以上ある人が言う台詞です。
どうしてもというからには理由があるのでしょうが、それでも日本人の8割の人はTOEICの点数が高かったとしても、話せない人はビギナークラスにブチ込まれます。会話においてTOEICの点数は全く関係がないと思います。高得点の人も話せません。なぜなら話す訓練は別物だからです。スポーツの練習に近いです。

って言っても、どの国でもなまりはある

TOEICの点数が高い人は欧米での留学を好みますが、アメリカにはアメリカの訛りがあり、イギリスにはイギリスの訛りがあります。
当然フィリピンにも訛りはあるので、英語が美しいとかないと思います。また、それは日本人が考えることではないです。それは移住してから悩めばいいのであって、日本の学生が悩むことではないように思いました。

まとめ

やっぱり行ってよかった
いろいろウワサ話はたくさんあり、行くまでかなりのホームページを参考にしながらビクビクしながら留学に臨みました。ただ今考えてみれば楽勝だなって思いますww
フィリピン留学は価値があると思います。大学生の時に行っていればもっと人生に役立てたと思います。
結局、飛び出せる人が最強だってことです。

ほなね

あわせて読みたい
実践的な英語のフレーズはYoutubeの『バイリンガール』で覚える
海外に移住する前にしなければいけない準備
セブに電車はない。ローカルの格安移動手段を使いこなそう
英語留学と移住に参考にしたセブがテーマのブログまとめ
治安や気候はどうなの?セブでの服装でお困りの方はこちら2